忍者ブログ
記憶(李連杰)のしまい場所
[178] [177] [173] [174] [172] [171] [99] [168] [167] [165] [164]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

見てきました、5回目!
午後の回ですが、ほぼ満員。 いぇい!

ずっと気になってた滝での修行シーンでのナレーションだけど、
やっぱりあれはりんちぇ??
ジャッキー、りんちぇ、ジャッキー、りんちぇの順でのナレーション、
一番最初のりんちぇの部分に違和感があったのだけど・・・・

いつもより高めの声。
囁くような歌うような。
あまり聞いた事のないような種類の声だから、吹き替えかと思ってたけど・・・・

りんちぇなのかな? そうなのかもね。
あの優しい声、どんな表情で言ったんだろう。
見終わってからもそんなことばかり考えてしまいました。

寺院でのJJバトルの終わりに、かすかに笑いながら「フッ」と下唇を突き出して、
小さく息を吐き出す所。
陳真の顔なのよね。
ストイックな様で、実は表情豊かな黙僧だから、色んな顔を重ねちゃう。

そう。
黙僧が「サイレント・モンク」なのは最初の出会いの時だけで、
仲間になって気を許してからは、とても自分の感情に素直な黙僧。
砂漠でチーの後、ジェイド城を見つけた時なんか、まるで少年のようだった。
それはやんちゃな孫悟空の姿。

でも孫悟空であって孫悟空ではない黙僧。

「復讐は自分に返ってくる。」
こんな台詞は黙僧自身が学んだ事なんだろう。

洞窟でジェイソンに「息をするのを忘れるな。」と優しく言うのも、
孫悟空ではない黙僧としての言葉。

いつ黙僧が生まれたのか分からないけど、仲間を見つけるまでの長い間、
独りで黙って旅を続けてたんだろうな。
独りでずっと探していた。

最後の孫悟空との対面での黙僧の儚さに、頑張ったね、ちゃんと任務を果たしたね、と
泣いてしまった5回目でした。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
「ドラゴン・キングダム」夢の競演を楽しめ!
「ドラゴン・キングダム」★★★★★満点!(ファンなんで) ジャッキー・チェン、ジェット・リー主演 ロブ・ミンコフ 監督、2008年、アメリカ、113分 大御所ジャッキーとリー・リン・チェイことジェット・リーが 初競演と聞いて楽しみにしていた作品。 ...
URL 2008/08/20(Wed)19:17:18
Profile
HN:
プルー・prue
性別:
女性
最新コメント
[11/04 なっこ]
[11/02 プルー]
[10/04 hiyoko]
[09/01 ちゃこ(^-^)∞∞8=]
[08/26 you-mei]
[07/21 ケイ]
[07/19 春美]
[07/18 なっこ]
[07/18 プルー]
[05/12 ノンシュガー]
最新記事
(11/02)
(07/18)
(04/26)
(11/27)
(04/26)
(11/11)
(11/06)
(11/04)
(10/31)
(10/30)
ブログ内検索
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
Bar code
Track back
(08/20)
(08/02)
(08/02)
Counter
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Pの引き出し All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]