忍者ブログ
記憶(李連杰)のしまい場所
[596] [595] [594] [593] [592] [591] [590] [589] [588] [587] [586]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「救い」がないと言われてるようだけど・・・・
この作品に「深い深い愛」を見てしまう私。
だってこの作品は「裏切り」ではなく「愛と絆」を描いてると思うから。

以下、やっぱりネタバレに変えときました。



+ + + + + + + + + +
アルフは最後まで自分の道を信じ、自分の愛する人を信じることのできた、
高く高く真っ直ぐ伸びた大木のような人でした。
何人も、彼を汚す事はできない、そんな強さを持った人でした。
青雲への強い思いを抱いたまま死んでいくアルフに、純粋である美しさを見る事ができた。

そして春美さんへのレスでも書きましたが、私、うーやんも幸せだと思うの。
心を引き裂かれる思いもしたし、自分を失うほど絶望もした。
でも、あそこまで全てを捧げられる人に出会えた。
その人との出会いで、自分の運命が、生死が変わってしまう、そんな出会い。
心は悲しみで傷ついても、魂は出会いに感謝してると思うの。

そして青雲も。
孤独な人だと思ってたけど、兄弟に深く深く愛されていた。
暗殺時にあんなに泣いたのは、懺悔もあるけど、アルフの自分への真っ直ぐな気持ちを
判っていたから。
そして最後。
死を委ねられる相手って、自分にとってのオンリーワンなんだと思う。
この人に命を奪われるなら本望だ、この人に殺してもらいたい、そんな風に思える相手と
出会えた。

その最後の望みを理解し、息の根を止めるうーやんにも、覚悟と自己犠牲がある。
大切な人の命をこの自分が奪う・・・・その苦しみは、青雲の思いを汲んだ愛ゆえの
自己犠牲。

あの瞬間、兄弟は本当に理解しあえたと思うのです。
心や行動はどんなに辛い選択をしても、もっと深い所で「愛と絆」を感じられたと思うの。

ほら、「ベティブルー」や「ミリオンダラーベイビー」のように、描き方はたとえ悲劇でも、
その底にあるのは他人には理解できないような深い絆がテーマのように。

だから、むぅさんの仰ってたうーやんのナレーションは、私は処刑前の回想ではなく、
全てが終わり解放された後の、もっともっと遠い所からの思い出語りだと思ってます。
だってそこには後悔が全くないんだもん。
出会った時の空の眩しさ、青雲の残した言葉、教わった事。
それらの日々を、遠くから慈しんでいるように聞こえるの。

(注 生前は知りえない事も話してるというのもある)

きっと3人は遠い空で再び出会い、己の弱さを赦し合い、肩を抱き合っている。
私はそんな風に思ってるの。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
URL
コメント
パスワード Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
うううっ・・・・・
>きっと3人は遠い空で再び出会い、己の弱さを赦し合い、肩を抱き合っている

そうだったらどんなに救われるだろう。
そうだね、きっと。そうだと、いいな。

>もっともっと遠い所からの思い出語り
これも同感。
金城君の声って、低くていい声だよね。すっごくあの「語り」に合ってる。

午陽も幸せかぁ・・・・
もの凄い苦しみと、表裏一体なのかな。出会えたことの幸せ・・
残酷だなぁ・・・(涙)
むぅ 2009/06/03(Wed) 編集
Re:うううっ・・・・・
たとえアマちゃんと言われようと、私はそう思ってるの。
少なくとも最後の2人の取った道は、深い理解と愛がなければ出来ないと思う。

だからアルフィーの「絶望の底から一筋の光を見つけた」は、言いえてるとも思うの。
あの曲を聞きながら、脳内では「天使になった3人がお花畑で戯れる」の図が広がってます。←ヘン?
 【2009/06/03】
て、天使・・・
・・・・想像しちゃったよ

『刺馬』は確かに「裏切り」を描いてた気がするけど、
『投名状』は裏切りを描きながらも、その裏に横たわる「苦悩」をきっちり描いてるから、
彼らの「絆」に思いを馳せることができるのかな。
むぅ 2009/06/04(Thu) 編集
Re:て、天使・・・
可愛いでしょ? 3人の天使たち
イメージ的には、メイキングのキャッキャしてる感じで。

うーやんが処刑ラストで、上を見上げて眩しそうに微笑むのね。
初めて青雲と会った日のように、空は晴れてたんだなって。
だからこそ最後の微笑みだったんだなって。

苦悩するのは愛があるからで、その愛は最後はきっと昇華されたと
思うの。
 【2009/06/04】
もう これ以上・・・
泣かせないでください>プルーさん。
三人が めぐり会って戦って投名状をかわしたことを
少しも後悔してないんですね。
出会った時の空の眩しさ>をちゃんと覚えているんですもんね。

青雲への強い思いを抱いたまま死んでいくアルフ>
そう アルフも幸せだったんですね。

と笑わせないでください>プルーさん むぅさん!
三兄弟が↑こんなカワイイ天使かよっ!
春美 2009/06/05(Fri) 編集
Re:もう これ以上・・・
この映画はいろいろな人と見ることが出来、沢山の感想を聞かせてもらう中でつくづく実感したのは、人によって捉え方が本当に様々だという事です。
だから3人の関係が悲劇的に描かれてはいても、関わり合い影響を与え合えて幸せだ、というのはあくまでも夢見る夢子のP的視点ですよん。

でも、「3人の天使たち」がカワイイのは間違いないと思われます。きっぱり。
 【2009/06/05】
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Profile
HN:
プルー・prue
性別:
女性
最新コメント
[11/04 なっこ]
[11/02 プルー]
[10/04 hiyoko]
[09/01 ちゃこ(^-^)∞∞8=]
[08/26 you-mei]
[07/21 ケイ]
[07/19 春美]
[07/18 なっこ]
[07/18 プルー]
[05/12 ノンシュガー]
最新記事
(11/02)
(07/18)
(04/26)
(11/27)
(04/26)
(11/11)
(11/06)
(11/04)
(10/31)
(10/30)
ブログ内検索
カレンダー
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
Bar code
Track back
(08/20)
(08/02)
(08/02)
Counter
Powered by ニンジャブログ  Designed by ゆきぱんだ
Copyright © Pの引き出し All Rights Reserved
忍者ブログ / [PR]